2007年05月01日

指値注文、ストップ注文とは?

指値注文とは、お客様が現在のレートよりも有利な任意のレートで取引を行いたいときに、売買レートの予約をする注文方法です。

ストップ注文とは、あらかじめ注文したレート以上になれば買い、または注文したレート以下になれば売る注文で、通常の指値とは逆になります。
当社における売り(買い)ストップ注文は、お客様の注文されたレート以下(以上)に取引レートが達した時点で、成行注文が発注され、その成行注文の約定レートがお客さまの約定レートとなる仕組みです。
従いまして、ストップ注文レートで必ず約定することを約束するものではなく、その成行注文の約定結果如何では、注文したレートよりも不利な方向にずれて成立する場合もありますし、有利なレートで成立する場合もありますので、あらかじめご承知おきください。

ブログテンプレート
posted by トモ at 22:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。